Netflixおすすめ映画『シャーロック・ホームズ』で楽しく英語学習!



出典:楽天

あらすじ

シャーロック・ホームズとワトソンは、魔術によって女性を次々と殺害するブラックウッド卿を逮捕する。死刑を宣告されるも全く動じないブラックウッド卿は、甦りまた人を殺すと宣言する。宣言通り甦ったブラックウッド卿にロンドンの街はパニックになる。ホームズとワトソンは彼を止めることができるのか。

作品情報

ワーナーブラザーズ配給のミステリー。
英語のタイトルは『Sherlock Holmes
コナン・ドイルの小説が原作

監督は『アラジン』のガイ・リッチー。
ホームズとワトソンは『アイアンマン』のロバートダウニーJrと『ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生』でダンブルドアを演じたのジュード・ロウが務めた。

2009年に公開されると、5億2400万ドルの興行収入を上げる大ヒット。

感想・補足

 

この作品は、Netflixのお試し期間を利用して、無料で視聴することができます。 Netflixで無料視聴する 会員の方はこちらから

ネイティブ表現

ここでは、ネイティブがよく使うものの、日本人には意味が分かりづらかったり、意外と使えてない表現やフレーズをまとめて解説します。
どの表現も実際に映画内で出てきますので探してみてください。

I think that's quite enough.
  • やりすぎだ
after all
  • 結局
  • なんといっても

after all = すべての後で というニュアンスがあるので、「いろいろと成り行きがあったそのあと」という意味で「結局」という使われ方がされます。