Netflix新着映画『ターボ』で楽しく英語学習!<カタツムリが夢のインディ500に!>


出典:楽天

Yahoo!映画 評価 3.5 out of 5 stars  3.49
単純度 4.5 out of 5 stars   4.5
日常度 3 out of 5 stars    3
英語の速さ 約180wpm 2.5 out of 5 stars  2.5
映画の長さ 96分 2 out of 5 stars   2
総合おすすめ度 3.4 out of 5 stars  3.30

  • Yahoo!映画 評価 Yahoo!映画の平均評価 (2020/01/15現在)
  • 単純度 ストーリーが分かりやすいほど高い評価。話の内容が単純だと英語の意味が予想しやすい
  • 日常度 ストーリーが日常的なほど高い評価。日常的だと普段の生活で使える表現が多くなる
  • 英語の速さ スピードが速いほど高い数値。1分間当たりの単語数(wpm)を測って評価
  • 映画の長さ 時間が長いほど高い数値。時間が短いと集中力が維持しやすく学習しやすい
  • 総合おすすめ度 上5つの平均。ただし英語の速さと映画の長さは数値が低いほど高評価とし、[5-数値]で計算する

あらすじ

人間界のカーレースに憧れるカタツムリのテオ Theo は、庭にいるごく普通のカタツムリだった。
しかしある日の夜、街を走るスポーツカーのエンジンに巻き込まれ、目を覚ますと、超スピードで走れるターボを手に入れていた。
彼は、仲間とともに夢のインディ500への出場を目指す!

インディ500


※画像はイメージです

アメリカのインディアナ州で開催されるモータースポーツ。
世界3大レースのひとつに数えられ、世界で最も偉大なレースとされている。

350km/hを超えるスピードでコースを周回するため、毎年事故が多発する。

2017年に、佐藤 琢磨選手がアジア人で初めて優勝したことでも話題となった。

作品情報

ドリームワークス(米)製作の映画。
英語のタイトルはそのまま『Turbo

監督は、映画『マダガスカル』のスピンオフ番組の監督を務めたデビッド・ソーレン

2013年に公開されると、約2億8000万ドル (約309億円) の興行収入を上げる大ヒット。
日本では劇場未公開だったが、2014年にBlu-rayとDVDで発売された。


出典:fast-reparts.com

上は、車のターボの画像。
エンジンの排気量以上のパワーを引き出すためのパーツです。
どこかカタツムリと似ていますね。

感想・補足

最も動きが遅い動物のひとつ 「カタツムリ」 の夢追い物語。
ストーリーはかなり現実離れしていますが、これはアニメ映画なので、そこを忘れなければ純粋に楽しめる作品です

周りの仲間たちが愉快で面白いので、笑うシーンも結構あります。

そしてなんといっても、レースの映像は迫力があり見事なものです。
実際のレースを忠実に再現しているので、モータースポーツ好きの方は、より楽しめますよ。

ちなみにディズニーの映画『カーズ』と何となく雰囲気が似ていますが、ストーリーはまったく異なります

英語は、普通の速さなので、少し難しいと感じるレベルです。
複数回観て耳が慣れてくると、徐々に聞き取れるようになりますよ。

【Netflix・洋画】同時字幕で英語学習!英語と日本語訳が同時に分かる機能を徹底解説

この作品は、Netflixのお試し期間を利用して、無料で視聴することができます。 Netflixで無料視聴する 会員の方はこちらから