Huluおすすめ映画『デイアフタートゥモロー』で楽しく英語学習 

あらすじ

南極で気候を研究していたジャック・ホール(デニス・クエイド)は、地球の温暖化が進めば、近い将来、気候に異常な変動が起き、氷河期が訪れると予測し、副大統領に警告する。
しかし信じてはもらえず、対策を呼び掛けるも取り合ってもらえない。
4か月後、実際に異常気象が発生し、世界の大都市が崩壊し始める。
その中で人々はどう生き延びるのか。

作品情報

20世紀フォックス配給のパニック映画。
原題は『The Day After Tomorrow』

監督は「インデペンデンス・デイ」のローランド・エメリッヒ。
デニス・クエイドが主演を務めた。

2014年に公開され、1億8330万ドルの興行収入を上げる。

感想・補足

 

ネイティブ表現

ここでは、ネイティブがよく使うものの、日本人には意味が分かりづらかったり、意外と使えてない表現やフレーズをまとめて解説します。
どの表現も実際に映画内で出てきますので探してみてください。

I got the hang of it

 

pay the price

 

Absolutely
  • 喜んで
  • 絶対に

 

Why not?

 

You all right?
  • 大丈夫?
don't pay attention
I have no idea.
  • わからない

 

Hold on.

 

What are you doing?

 

couple hours