英語の文法をネイティブの感覚から学べる参考書「一億人の英文法」を紹介

突然ですが、英文法って難しいですよね。

TOEICテストのために勉強していて文法でつまづいたり、英語で会話するときに文法があっているか分からず自信をもって話せないということはよくあることだと思います。

英文法が難しい理由の一つとして、英語という言葉のルールを覚えようとしていることが考えられます。

もちろんルールはありますし、大切なのですが、ネイティブの方たちはルールを意識して話しているわけではありません。
実際私たち日本人も日本語を話すときに、日本語のルールを気にして話していないと思います。

そこで英文法を身につけるために、ネイティブの方がどんな感覚で話しているのかを知ることが大切だと考えます。

今回はそんなネイティブの感覚を身につけるのに役立つ参考書「一億人の英文法」を紹介します。

ネイティブの感覚を知ることの意味

始めに文法を勉強するにあたって、学校で習うように、その文法の形と意味を丸暗記するのではなく、ネイティブの方が文を作っている感覚知ることが大切であるということを解説します。

英語は言語である

まず、英語は日本語とは違う言語であり単語などのもつニュアンスも異なるので、日本語に完璧に翻訳することは出来せん。

そのため、単語の日本語訳を覚えたり、英文を日本語に訳して理解するよりも
単語の持つイメージを知って、英文を英文のまま理解する方が
英語という言語を使いこなせるようになります。

イメージ(感覚)で理解する


acworksさんによる写真ACからの写真

では、どうすれば英語をイメージで理解できるのかというと、ネイティブの方がどんな感覚で文を作り、どんな感覚で単語の意味をとらえているのかを理解すればよいのです。

例えば、現在完了形という英文法がありますが、これを学校では以下のような形で習うと思います。

現在完了形

形:have + 過去分詞

 

意味:
・完了・結果「~したところだ」
・継続「~している」
・経験「~したことがある」

しかしこれらをいちいち「have + 過去分詞」という形で、「~したところだ」という意味もあったなと覚えるのでは、うまく使いこなすことは出来ません。
会話の最中に現在完了の意味を思い出しながら話すのでは非常に大変です。

そこで重要になってくるのが、ネイティブの方が持つイメージを知ることです。
ネイティブの人がどのような感覚でその文法を使っているのかを知るのです。

先ほどの現在完了形の例では、現在完了形には「現在に迫ってくる」イメージがあります。

図にすると

といった感じです。

このイメージだけ理解しておくと、現在完了形がどうして
「経験:~したことがある」「継続:~している」「完了・結果:~したところだ」
という意味を持つのかも同時に理解できます。

例えば「完了」については「迫ってくる」が生み出す「間近で起こった」というニュアンスから来ています。過去形が離れたできごとを表すのに対し、現在完了形では、今につながるような間近の出来事を表します。

続いて「経験」ですが、これは「今、~した経験を持っている」というニュアンスで、これも過去の出来事が今に迫ってくる感覚から来ています。過去にある出来事があったことを表す過去形とはまるで違います。

「継続」は「過去から現在までずっと~している」というニュアンスなので、現在完了のもつ「過去から現在に迫ってくる」イメージが分かりやすいと思います。

最後に「結果」ですが、「過去の出来事が現在にもたらした結果」について話すときに用いるので、これも過去が現在に「迫ってきて」います。

このように現在完了形が持つ意味はすべて、「迫ってくる」というイメージが生み出していたのです。

その文法が表す意味を覚えるのではなく、イメージを理解することで文法を使いこなすことができるというのが分かっていただけたかと思います。

一億人の英文法について

英語で会話するために、相手の話したことを日本語に訳すのではなく、英語を英語のままイメージで理解することが大切だということは分かっていただけたかと思います。

ここからは、その英語のイメージを解説している、話すための英文法が学べる「一億人の英文法」という参考書の内容と特長を紹介します。

著者・大西さんについて

はじめに著者の大西泰斗(おおにし ひろと)さんについて紹介します。

大西さんは、東洋学園大学グローバルコミュニケーション学部で教授をされている言語学者で、英文法をイメージによって分かりやすく学べる方法などを研究されており、それに関する書籍を数多く執筆されています。

今回はその中でも特に魅力的な「一億人の英文法」について取り上げます。

内容と特長

続いて具体的な一億人の英文法の内容について紹介します。

この本は文法書なので、英文法について書かれています。

しかし、この本が他の本と違うところは、一般的な文法書は受験の突破が目標で、和訳ができれば良いという考え方なのに対し、
この本は話せる英語を最速で達成することが目的で、ネイティブスピーカーのもつシステムを理解できるように作られています。

そのシステムを理解することで、英文法を簡単に感覚的に理解することが出来ます。

ここでは、この本のCHAPTER0「英文法の歩き方」から英語で話すための4つ必須文法事項のを紹介します。

  • 基本文型:すべての英語文を形作る4つ形
  • 修飾方向:各部の修飾を行う2つの修飾方向
  • 配置転換:特殊な意図・感情を込めるための、表現の配置転換
  • 時表現:文内容がいつのことであるのかを示す時表現

の4つです。

それでは最も重要な基本文型を中心に少しだけ紹介します。

1.基本文型

大西さんは、本書で英語は配置のことばと書いています。

日本語は「~は」や「~を」などの助詞が文の意味を作るので、配置によって意味は変わりません。

彼は車を運転します

車を彼は運転します

運転しています。彼は車を。

どれも同じ意味で通じますよね。

これに対し英語は配置によって意味が変わってしまいます。

He drives a car.(彼は車を運転します。)

Car drives he.(車が彼を運転します。)

Drive he a car.(意味不明)

これが英語が配置のことばと言われる理由です。
場所と意味がしっかり結びついています。
そしてどのような配置の文なのかを決める設計図となっているのが、基本文型です。

基本文型には大きく四つの種類があります。

  1. 多動型(SVO)
  2. 自動型(SV)
  3. 説明型(SVC)
  4. 授与型(SVOO)

この基本文型によって分全体の意味が決定します。

多動型「主語+動詞+目的語」という配置でできています。
この形では動詞による動作が目的語に力を及ぼします。
例えば
I opened the door. (私は扉を開けた)
では扉(目的語)に力が加わっています。

自動型「主語+動詞」という配置。
これは単なる動作を表します。
He runs everyday. (彼は毎日走る)
はただ走るという単なる動作を表しているだけです。

続いて説明型「主語+動詞+説明語句(形容詞や名詞など)」という形です。
主語の説明という意味を持ちます。
This book is interesting. (この本は面白い)
この本について面白いよと説明しています。

最後に授与型の配置は「主語+動詞+目的語+目的語」です。
これは手渡しを表します。
I bought her a necklace. (私は彼女にネックレスを買った)
彼女にネックレスを買ってあげるという手渡しの意味になっています。

ネイティブはまずこの基本文型の中から自分の話したい内容に合ったものを選びます。
そして後はその配置通りに主語や動詞などを置いていくだけなのです。

基本文型を選び、その設計図通りに表現を置いていく
これがネイティブが英文を作る時の感覚です。

この基本文型さえつかめていれば、伝わる英語を話すことは出来ます。
あとは他の文法事項の「修飾」で詳細を付け加え、「配置転換」で疑問や感情を表し、「時表現」でいつのことなのかを説明します。

これらについても簡単に説明しておきます。

修飾方向

「走る」ではなく「ゆっくり走る」という風に詳しく説明するために必要になります。
この修飾でも配置はとても大切で、前から修飾するか後ろから修飾するかで修飾語の働きが変わります。

例えば
That is a red car.
That car is red.

これらの違いはredがcarを前から修飾しているか、後ろから修飾しているかです。
前から修飾すると、「黒でも白でもなく赤い車」というように車を限定する働きをします。
後ろからだと説明の働きをして、「あの車は赤いよ」と説明することになります。

この2つが修飾のテクニックの基本です。

大西さんの他の教材

最後に、英語ネイティブの感覚を教えてくれる、大西泰斗さんから英語ネイティブの方の感覚を学べる教材についても紹介します。

NHKラジオ英会話

大西さんの教材の中でおすすめなものの一つがNHKラジオ英語講座の講座の一つでもある「NHKラジオ英会話」です。

ラジオを使った英語学習法は、実は難易度が高く、初心者の方向けではありません。

しかし、NHKラジオ英語講座は初心者から上級者まで幅広く愛されています。

その中でも大人気な講座の一つが大西さんの「NHKラジオ英会話」です。

ここでも、中学校や高校で習ような「読むための英文法」ではなく、「話すための英文法」が学べることで、今まで学校で習った文法が「そういうことだったのか」と整理されることが人気な理由となっています。

また、大西さんのユーモア溢れる解説でファンになった方も多いです。

詳しい解説は以下の記事でしているので気になった方は観てみてください。

【2019年版】11存在するNHKラジオ英語講座を徹底比較。初心者でも大丈夫! 【初心者OK・スマホで聴ける!】NHKラジオ英語講座はラジリンガルで無料ダウンロード!

ハートで感じる英文法

こちらは大西さんが出演されていたNHKの教育番組です。

動画なので、書籍の「一億人の英文法」やラジオ講座「NHKラジオ英会話」に比べ、英語のイメージがよりつかみやすくなっています。

私が高校生の時に英語の先生が授業中にこの「ハートで感じる英文法」のDVDを使っていました。
そのおかげで、今でも現在完了形や前置詞をイメージでとらえることができています。

一回20分と比較的短めの時間に、

  • ネイティブのポール・マクベイさんとジャスミン・アレンさんによる文法を使った会話の例
  • 大西さんによるユーモアあふれる文法の解説
  • ネイティブの人にその表現を実際どんな感覚で使っているのか、インタビュー

という濃い内容が収録されています。

CDや書籍も発売されており、好きな方法で学べる点もおすすめです。

まとめ

今回は話すための英文法をイメージ、感覚にによって身につけることができる参考書「一億人の英文法」について紹介しました。

日本の学校の英語の授業の課題は、受験のための内容になっており、勉強しても会話ができるようにならない点です。

そこでこの「一億人の英文法」を始めとした、大西さんの教材を使うことで、ネイティブの方がどんな感覚で英語を話しているのかを理解し、話すための英会話を身につけてみてください。