【口コミ・要約】東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノートを徹底解説!【ケース・GD対策】

出典:Amazon

『東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノート』は
コンサルのケース面接の入門書と言えば、これ
と言われるほど人気の対策本です。
シリーズ売上は28万部を突破していおり、その人気はSNSの口コミからもよく分かります。

その特長は、サブタイトルの
「50の厳選フレームワークで、どんな難問もスッキリ『地図化』」
にもある通り、基礎となるフレームワーク (思考の手助けとなる枠組み)解き方のコツを、実際に問題を解きながら身につけていくところにあります。
解説もやさしいため、これからケース面接を対策する方には最適です。
ちなみに、「地図化」 とはいわゆる 「構造化」 のことで、問題を分解して簡単な図式にすることを意味します。

また、自力で問題を解くことがGD (グループディスカッション)インターンシップの対策にもなるため、コンサル志望の方だけでなく就活生全員に役に立つ、まさに就活生必携本です。
取り組むだけで、周りと大きな差を付けることができます。

今回は、このケース問題ノートを実際に愛用している私が、要約や口コミ (良悪問わず) を交えながら紹介していきます!

問題演習⇔解説で解き方を覚える!

本の構成としては、

  1. 問題解決ケースには3ジャンルあり、5ステップで解くことを学ぶ
  2. パターンの異なる問題を9問解いて解説を読み、解く力を身につける
  3. さらに演習問題を9問解いて解説を読み、解く力をさらに伸ばす
  4. 厳選された50のフレームワークを紹介・解説
  5. 210問の壁打ち問題 (解説はなし) で解く力を定着させる

このようになっています。インプットとアウトプットのバランスがよく、効率よく問題を解く力を身につけることができるようになっています。

① 3ジャンル・5ステップを学ぶ

ここでは、ケース問題を解く前に知っておくべきことが、丁寧に説明されています。

内容をまとめると、ケース問題は [利益目的公益目的個人の効用] の3ジャンルに分かれていて、使うフレームワークや着眼点は異なるが、実際に問題を解く上では [前提確認現状分析ボトルネック特定打ち手立案打ち手評価] の5ステップで解くという感じです。

ちなみにGDでもまったく同じステップを踏むので、絶対に覚えておきましょう!

② 解説つきの練習問題を9問解く

①が読み終わったらいよいよ実践です。3ジャンルの問題がそれぞれ3つずつ用意されており、「1問解いて解説を読む」 というのを繰り返していきます。
解説は先程の5ステップの通りにすっきり解説してくれるので、めちゃくちゃ分かりやすいです。

ケース面接対策で購入。
ケース面接の問題を用いて様々なフレームワークの使用法、思考プロセスを学びました。
とりあえず一冊ケース面接対策本が欲しいという方は是非手を出してみるべき一冊だと思います。
出典:Amazon (強調は筆者、一部省略)

昔先輩にこの本を勧められて、買ってみたら結構読みやすいです。
ロジカルもはっきりだし、いい本ですね。
出典:Amazon (強調は筆者)

以下の2点が気に入りました。
①ケース問題を網羅&体系的に分析
一通りの問題に触れられる
②例題が多い
練習を沢山できる
出典:Amazon (強調は筆者)

また、解説の中にはケース問題の要となる 「地図」 がどの問題でも描かれています。
例えば、1問目 「マクドナルドの売上を上げるには」 という問題では以下のように地図化されています。

「売上を上げる」 という漠然とした目標から入ると課題打ち手はなかなか見えてきませんが、3つに分解して掛け算にすると、かなり考えやすくなると思います。

また、顧客層を時間帯曜日で分けたり、販売チャネルを分析することで、どこにボトルネック (課題) があるかがより分かりやすくなります。

これはあくまでマクドナルドの例ですが、例えば 「渋谷のカフェの売上を上げるには」 といった問題にも応用できそうです。
このように、自分の解き方の手持ちを増やしておけば、似た問題に遭遇した際に、思考時間を大幅に短縮することができます。

③ 解説つきの演習問題9問解く

②と同じように、3ジャンルの問題がそれぞれ3つずつ用意されており、ここでも 「1問解いて解説を読む」 というのを繰り返して、問題を解く力をさらに伸ばしましょう。
もちろん地図や丁寧な解説も掲載されています。

④ 厳選された50のフレームワークをインプット

著者が厳選した 「使える」 フレームワークが一言解説つきで掲載されています。

これをあらかた覚えることができれば、ケース問題を解くのがかなり楽になります。適切なフレームワークは、思考の時間を大幅に削減することができるだけでなく、アウトプットの質を高めることにも繋がるからです。

⑤ 210問の演習問題で壁打ち

そしてそのフレームワークを実際に使って定着させる場として、この210問の壁打ち問題が用意されています。
本書では、「素振り」 と表現されてますが、日常的に問題を解いて演習を重ねることで、問題を解く力をマスターしていきます。

種類と問題数は以下の通りです。
結構細かく分かれているので、自分が対策したいジャンルの問題に取り組みやすくなっています!

  • 特定の1店舗を想定したミクロ系 (30問)
  • 主に市場規模の増加というマクロ系 (30問)
  • 都市問題・全国問題・国際問題から成る公共政策 (40問)
  • 様々なコミュニティの運営戦略 (20問)
  • 個人にまつわるOn/Off問題 (30+30問)
  • 肯定/否定に分かれ、意見や根拠を考える肯定否定型 (10問)
  • 独創的なアイデアとストーリーを考えるアイデア系 (10問)
  • 現実の現象の因果関係を類推する原因分析系 (5問)
  • 論理力<価値観が試される定義系価値系 (5問)

デメリット

ここまで、メリットやいい口コミばかりを紹介してきましたが、当然デメリットもあります。
それは 「ケース面接の入門書」 ということで、解説の質が物足りないと感じるかもしれないところです。

初心者向けかなと思います。
解説のレベルが低いと思います。
出典:Amazon

正直優秀な人はこの本よりも適確な分析をしてケース問題を解くことができる人もいるなと感じました。
出典:Amazon

確かに 「えっ、そんなんでいいの?」 って感じる解説もたまに出てきますが、

外資系コンサル受けるために、これ一冊でケース面接準備して2社、パスしました。
出典:Amazon

戦略コンサルの入社試験のために購入。
無事に内定出ました。
ひと通りやっておくと良いと思います。
出典:Amazon

この本一冊で、外資系コンサル戦略コンサルの内定を獲得した人もいますし、ほとんどの人は満足できる内容だと思います。
特にGD対策で取り組む方はこれで十分も十分です。

もし、よりレベルの高い対策本が欲しいという方は『過去問で鍛える地頭力 外資系コンサルの面接試験問題』がおすすめです。

出典:Amazon

この本では実際に外資系戦略コンサルティング会社で出題された問題が20問 (フェルミ推定系10問、ビジネスケース系10問) 収録されており、それに対する現役の戦略コンサルタントの模範解答が掲載されています。

フェルミ推定とは

フェルミ推定系の問題とは、外資コンサルティング会社でよく出題される 「未知の数字を、論理と常識で推定する問題」 のことで、「日本の電柱の数は?」 というような問題が出題されます。
(ちなみに東大生シリーズでは、フェルミ推定の対策本も取り扱っていますので、初学者の方はそちらがおすすめです)

『過去問で鍛える地頭力』は『東大生シリーズ』よりも出題される問題の難易度が高く、解説も基礎的な要素は省かれており優しいとはいえません。

フェルミ推定・ケース問題を過去問を通じて紹介する本です。
問題の後に、解説があり、思考法を学ぶ流れになっています。
まずはどんな問題があるのかを知りたい人には、最適だと思います。
ただ問題集のようになってしまっているので、考え方をまとめている章がありません。
その点では東大生ノートの方が初心者には最適かもしれません。
出典:Amazon

ケース問題に取り組みたいと思った方の90%の人は、まずは『東大生シリーズ』に取り組むのがベストだと思いますが、気になる方はぜひ調べてみて下さい。

まとめ

今回は『東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノート』を紹介しました。
コンサル志望の方だけでなく、就活生なら絶対に買って取り組むべき本です。

少しでも興味があるという方はぜひ購入してみてください!
取り組み終わる頃には、あなたの就活は劇的に変わっているはずです!

出典:Amazon