【現役22卒が解説】コロナ禍の就活スケジュールを徹底解説!早めに対策しておかないとかなりマズい!【保存版】

  • 「就活」 っていつ始めるものなの?
  • 全体のスケジュールはどうなっていて、どう対策すればいい?
  • 新型コロナウイルスの影響で、22卒の就活はどうなるのか?

というように、就活に対して漠然と 「不安」 に思っている就活生は多いのではないでしょうか。

就活をこれから始める方も、すでに始めている方も、まずは就活全体の流れ (スケジュール) をあらかた把握し、内定獲得から逆算して 「いつ何をすればいいか」 を意識して就活を進めていかなければなりません。

また22卒 (2022年卒業) の就活生のみなさんは、この新型コロナウイルスの影響で就活がどう変化しているのか気になる方も多いと思います。

そこで今回は、現役22卒の就活生である私がこれまで経験してきたことを盛り込みながら、22卒の就活は 「どうなっていくのか」、「どう進めていけばいいか」 を徹底的に解説していきます!

コロナで就活は 「少し」 変わる

全体の流れをお話する前に、まずは前提として 「今年の就活はどう変化しているのか」 について解説していきます。

新型コロナウイルスは日常生活や日本経済に大きな打撃を与え、その影響は私たちの就職活動にも影響を与えました。

ただ、おそらく皆さんが思っているよりも、就活は大きくは変わっていません
ですので、変化した点をしっかり理解して対策すれば、後は例年通りということです。

変わった点は、主に以下の3つです。

  1. 選考のオンライン化
  2. 採用人数の縮小
  3. 就活の早期化

① 選考のオンライン化

これは容易に想像がつくと思いますが、22卒のインターンシップ選考や企業説明会は、例年と比べて圧倒的に対面でなくオンラインが多いです。
というか今のところオンライン以外ではやっていません

企業側もクラスターなんて発生させたら業績に響いてしまうので、かなり慎重になっているようです。

オンラインになって、「コミュニケーションが難しくなった」 という声もありますが、私はそこまで抵抗を感じていません。
むしろ自宅でリラックスして選考を受けることができています (移動・宿泊費用がいらないのもGood!)

ただ、マイク・カメラ (PCやスマホについていたらOK)、有線のイヤホン (無線は途中で切れるリスクがあるので) 、良好な通信環境など事前に用意しておく必要があるものもあるので、その点は注意が必要です。

② 採用人数の縮小

これは、「やはりか…」 という感想かと思いますが、こればかりはどうしようもないですね。

航空業界のJALやANA、観光・旅行業界のHISやUSJが新卒採用や選考の中止を発表し、それ以外の業界でも多くの企業が打撃を受けたことから、「就活氷河期」 なんて煽るネット記事なども散見されました。


出典:BCN+R

ただ、上の円グラフをご覧ください。多くの企業の採用数は 「予定通り」 であることが分かります。
これは、21卒採用に関してで、かつ調査期間が4月9~13日のということで、来年の22卒の就活では採用数を減らす企業が増えるかもしれませんが、過剰に不安になる必要はないでしょう。

逆にIT企業などは、新型コロナをきっかけに業績好調となり、採用数を増やすところもあります。

何はともあれ、ひとつ言えるのは 「受かる人は採用数に関係なく受かる」 ということです。
これは、みなさんに圧をかけているわけではなく、「受ける努力をすれば、就活は必ずうまくいく」 ということを伝えたくて言っているのであしからず!

③ 就活の早期化

そして最後は、「就活の早期化」 です。

近年は、ベンチャーや外資系企業だけでなく、日系や大手企業でも選考・内定の早期化が進んでおり、早い人では夏・秋のインターンシップ経由で年内に内定をもらう人もいます。

そんな傾向が進むなか、今回の新型コロナウイルスの影響で、

就活生

早めに内定を獲得して就活を終わらせたい

早めに優秀な学生をとっておきたい

企業

という学生と企業の思いの一致がより一層強まり、その結果 「就活の早期化」 が進んでいるのです。

今の時代の就活は始めるのに早すぎるということは、まったくありません。
むしろ今すぐに始めないと、出遅れてしまいます。

すなわち、22卒が就活をうまく進めるためには 「早めに始めて早めに終わらせる」 意識を持っておくことが何よりも重要です!
早期に内定がひとつでも出れば、その後の就活がかなり楽になりますよ。

就活スケジュール

就活の全体スケジュールは、上図のような感じです。
内定をもらうルートは企業によって異なりますが、普通の選考ルートとインターンシップ選考ルート (外資系やベンチャーに多いが、近年日系や大手企業でも増加の傾向) の主に2種類あります。

先程、就活の早期化と言いましたが、22卒はおそらくこのインターンシップ経由が増えるのではないかと個人的に予想しています。
経団連に加盟している企業は、上図の青色の吹き出しにあるルールを守る必要がありますが、ルールを破っても特に罰則はありませんし、そもそも経団連加盟企業は減少傾向にあり、必ずしもそのルールに従う企業ばかりではないということを絶対に頭に入れておきましょう!

とにかくインターンシップを受けまくれ!

就活を成功させる上で、一番大切なのは 「インターンシップ (=インターン)」 を受けまくることです。

そもそもインターンとは

簡単に言うと職業体験
参加する業界や企業にもよりますが、一般的にグループワークセミナーを通して、

  1. 業界・企業を知る
    (仕事内容や社員の人柄、社風が自分とあっているか)
  2. 自分の成長・経験、自己分析
    (自己分析をかしこまってやるより、インターンでのフィードバック等を通して分析した方が効率がいいです!)
  3. 選考の一環・企業へのアピール
    (インターンが内定に直結する企業は増加傾向)

といったことを目的として参加します。
就活におけるインターンは、1~5日間の短期間のものがほとんどです。

インターンに参加することで、企業業界のことが分かるだけでなく、知識のインプット・アウトプットによって自分の成長理解に繋げることができ、さらにはインターンが内定直結の企業であれば自分のアピールの場にもなります。

またそれだけではありません。人気企業のインターンは 「選考 (=エントリーシート、面接、グループディスカッション等)」 があり、学生はその対策や準備を行うわけですが、その対策が翌年の本選考 (=内定が出る選考) に大いに役立ちます。

就活に一番重要なのは、「能力」 ではありません。周りと比べた 「経験値」 です。
すなわち場数をこなした人が勝てる、かなりラッキーなゲームなのです。

この経験値を稼ぐ上で、インターンは最高のチャンスです。
夏インターンに行けなかった人も、にはさらに多くの企業がインターンを実施すると思うので、絶対に参加しましょう!

ここで、じゃあいったい何社受ければいいのかという疑問が生まれますが、以下のグラフの通り 「平均」 で約参加していることが分かります


出典;マイナビ

しかし、これは意識が低い就活生も含んだデータであり、納得のいく結果で就活を終えたい方は、最低でもこの倍は参加しましょう。
そしてエントリーしたインターンがすべて通るわけではないので、参加目標企業数のは申し込んでおく必要があります。
(もちろんエントリーするインターンの難易度にもよりますが、通過率は50%を目安に!!)

すなわち、10社のインターンに参加しようと思ったら、20社エントリーする必要があるということです。
ちなみに私は、夏インターンに18社エントリーして、9社の参加が決まりました。
なおインターンは予定が合わなくなれば辞退ということもできるので、日程などはあまり気にせずにとにかく受けまくりましょう!

インターン参加までの流れ・選考の対策方法

では、そんな大事な大事なインターンに 「どうやって参加するのか?」、「どうすれば選考を突破することができるのか?」 といった点について、それぞれサクッと説明していきます。

インターン参加までの流れ

まずはインターン参加までの流れについて。やり方や対策方法はこの後説明するので、まずは流れについて把握してください。

STEP.1
業界・企業選び

まずは、どの業界に興味があるかを調べ、その業界に属している企業について調べます。
ここしか行かないという絶対的な業界を決めている方は、その業界だけでもいいですが、そうでない方は先入観を持たずできるだけ広く業界を見ましょう。

STEP.2
プレエントリー

就活サイト (リクナビ等) や企業のHPから申し込むと (=プレエントリー)、企業側は 「マイページ (=企業からの連絡や案内がくる、その人専用のWebページ)」 を発行します。

まだ正式なエントリーは完了してないことに注意が必要です。

ちなみに近年はマイページの代わりに、LINEを使う企業も増えています。

STEP.3
エントリー

エントリー〆切に気をつけて、マイページからES (エントリーシート) を提出します。
主に、「学生時代に頑張ったこと (ガクチカ)」 や 「インターンの志望動機」 について聞かれることが多いです。

STEP.4
選考

この選考に関しては完全に企業によってバラバラですが、だいたいの企業が

  • Webテスト
  • GD (グループディスカッション)
  • 面接

のいずれか、またはすべてを活用して選考を行います。
特に面接は、人気企業だと2回以上あるのが一般的です。

STEP.5
参加

選考を突破したら、インターン参加決定です。
メールや電話、マイページを通じて連絡があります。

選考の対策方法

それでは次に、どうやったら選考を突破できるのかについて、具体的な対策方法を明記しながら、説明していきます。
これから説明する対策は、最低でも2021年2月まで、つまり本選考の情報が解禁されるまでには必ず終えておきましょう!

【業界・企業研究】

業界研究は 業界地図 (本)、企業研究は ワンキャリア (就活支援サイト・アプリ) の2つ (+各企業のホームページ) でOKです!

業界地図とは


出典:Amazon

業界地図』は、173もの業界における

  • 業界の今後の成長率
  • 業界における重要知識
  • その業界で活躍する企業 (4,040社掲載)
  • 近年の傾向 (コンサル業界はデジタル関連事業が増加している等)

といった重要な情報をオールカラーで分かりやすく掲載している、就活の必須アイテムです。


出典:Amazon

視覚的にも見やすいですし、解説もとても分かりやすいので、業界について知るには最高の本だと思います。
2021年版 (2020年8月28日発売) は、新型コロナと絡めながら解説されているので、このコロナ時代においてより価値のある本になっています!

ワンキャリアとは


出典:ワンキャリア HP

ワンキャリアは、

  • 企業掲載数No.1
    (日系や大手だけでなく、外資やベンチャーまで幅広く掲載。約45,000社)
    マイナビ=約7,000社、リクナビ=約6,000社
  • 学生の利用率No.1
  • 学生が選ぶ使いやすさNo.1
  • 企業選び・選考対策に役立つ口コミ掲載数 約30万件

の正真正銘No.1の就活支援サイト・スマホアプリです。

企業の魅力」 ・ 「合格の秘訣」 といった項目に、その企業のHPやネットの情報をまとめて分かりやすく編集してあるので、かなり効率的に企業について知ることができます!

また、企業研究だけでなく、選考やインターンの口コミ体験談も豊富に掲載されているので、ワンキャリアは就活が終わるまで間違いなく大活躍しますよ。

今なら無料登録で500円分Amazonギフト券!!

【ES (エントリーシート)

ESは、ガクチカや志望動機が主な質問で、選考フローにおける最初の難関ポイントですが、書き方をおさえれば高い確率で通過できます。

私は、以下のようにESを制作したところ、18社17社通過することができました。

【通過率94%!!】インターン選考を突破するESのフレームワーク・書き方を徹底解説!

「どうやって書けばいいのか分からない」、「フレームワークなんてあるの?」 と思われている方はぜひ参考にしてみてください。

またワンキャリアでは、各企業ページに先輩のESも多数公開してあり、めちゃめちゃ役に立つので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

【Webテスト】

そして、多くの企業がESの次に課してくるのが、Webテストです。
Webテストは、主に

  • 自宅でパソコン受験
  • 専用会場でパソコン受験
  • 専用会場でペーパー受験

の3つの受験タイプが存在しますが、今年は新型コロナの影響で、どの企業も自宅でパソコンを使って受験できるWebテストを選択しています。

Webテストを通過できないと、面接などで自分の魅力を伝えることができないまま終わってしまうので、まだ始めてない方は早急に勉強を始めて下さい!

対策方法としては、たくさんの参考書が出版されていますが、おすすめの参考書は『これが本当のWebテスト』シリーズです。

各Webテストに特化してあり、効率的に勉強を進めることができますし、問題の再現性が高いので繰り返し解いて解き方を身につければ、高い確率でWebテストを通過することができます。

どのWebテストを対策していいか分からないという方は、ワンキャリアでその企業が過去に利用したWebテストを調べてみましょう!

また、まだ受ける企業が決まっていないという方は、ほとんどの企業が、

  • Webテスティング (SPI3のWebテスト版)
  • 玉手箱
  • TG-Web

のいずれかを利用しているので、この3つ (特にWebテスティング玉手箱) を対策しておきましょう!

\ Webテスティング /
出典:Amazon

 

\ 玉手箱 /
出典:Amazon

 

TG-Web
出典:Amazon

【GD (グループディスカッション)

GDは、企業によっては課されることはありませんが、就活していく中で1社以上は経験すると思います。
時間はだいたい15~30分程度です。

一番最適な対策方法は、ケース問題を解くことです!
ケース問題とは 「渋谷のスタバの売上を2倍に上げるには?」 といった明確な答えのない問題のことで、主にビジネス課題解決に関することが問われます。

ケース問題は、コンサルティングファームの面接でよく利用されますが、業界関係なく、どの企業のGDでもこういった問題を課してくるので効果は抜群です。
またここで身につけた知識はGDだけでなく、インターンやその後の社会人生活でも役に立つので、必ず身につけておきましょう!
地頭もよくなりますよ

おすすめのケース問題の参考書は、シリーズ28万部突破のベストセラー『東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノート』です。

他にも参考書はいくつかありますが、フレームワーク知識のインプットと、実際に問題を解くアウトプットのバランスがよく、解説も優しいので一番おすすめです。

この1冊をマスターすれば、間違いなく他の就活生と比べて大きな差を付けることができます
詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください!

【口コミ・要約】東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノートを徹底解説!【ケース・GD対策】

出典:Amazon

  • PART1
    どんな問題もすらすら解ける! 問題解決ケースの3ジャンル・5ステップ
  • PART2
    9パターンのコア問題で、問題を解く力を効率的に鍛える!
  • +9問でワンランク上の問題を解く力を身につける!
  • 厳選フレームワーク50
  • 問題解説ケース210選

 

GDが不安な方はこちらもおすすめ!!
出典:Amazon

東大生が書いた 議論する力を鍛えるディスカッションノート
この本はGDの進め方・セオリー・注意点から、選考官が見ているポイントまで解説してくれます。
特にGDの経験がない方は、一読の価値があります!

  • PART1 原則編 あらゆる集団的な知的生産の構造に迫る! 2ステージ、6ポジション
    • Chapter 1 GDって、何だろう?
    • Chapter 2 GDの考え方
    • Chapter 3 GDの流れ
    • Chapter 4 ポジショニング (ハード編)
    • Chapter 5 ポジショニング (ソフト編)
    • Chapter 6 集団的な知的生産のメカニズム
    • Chapter 7 話し合いのパワーバランス
  • PART2 実践編 ケーススタディで学ぶ! ディスカッションの考え方・進め方
    • Chapter 8 実況! グループディスカッション
    • Chapter 9 話し合いを破壊する「モンスター」とは
面接】

面接は、主にESの深掘り逆質問がメインで、時間は15~60分です。
面接官からのガクチカや志望動機についての質問に答え、最後に学生側から企業に質問するというのが、一般的な面接の流れです。

今年はオンライン面接がほとんどなので、面倒なマナーは対策する必要はありませんが、面接官から聞かれることや求められていることは同じなので、例年と同じ対策でOKです!

おすすめの本は『銀のアンカー』という就活漫画を書籍化した『無敵の面接』で、漫画に出てくる就活の大事な知識やノウハウが詰め込まれた1冊となっています。

出典:Amazon

面接官が何を見ているのか」 というのが、現役の面接官人事担当者への調査をもとに書かれていて、とても実践的な面接対策の参考書です。
また、定番の質問やその質問を聞く意図回答のポイントなども載っており、かなり使えますよ!

  • 第1章 企業が面接で見ているポイントを教えよう!
  • 第2章 面接官の本音を知り、内定を勝ち取れ!
  • 第3章 面接を通過する人、落ちる人
  • 第4章 突破できる!面接の極意
  • 第5章 面接官が知りたい「質問の意図」を読み取れ!

まとめ

今回は、今年の就活がどう変化するのか、スケジュールはどんな風になっているのか、また就活において大事なインターンやその対策方法について解説してきました。

就活は大変ですし、精神的に負荷がかかってしまいますが、頑張ったら頑張った分だけ良い成果が出るのが就活なので、最後まで絶対に諦めずに、そして新型コロナなんかに負けずに、同じ22卒としてお互い精一杯取り組んでいきましょう!