【2020年版】405点の初心者が スタディサプリTOEIC の効果を徹底検証!【5ヶ月経過】

  • TOEICの勉強が続かない…
  • スタディサプリって効果あるの?

というように思われている方は多いのではないでしょうか。
私自身、これまで様々な学習法を試してきましたが、なかなか継続できず、英語に対して苦手意識がありました。

実際、私のセンター試験のリスニングの点数は全国平均未満でしたし、TOEICのスコアは当時405点とかなり低い水準でした。

そんな私が満を持してやり始めたのが、リクルートが提供している 「スタディサプリ ENGLISH TOEIC対策講座」 です。利用者数は英語学習アプリの中でNo.1を誇っていますが (マクロミル インターネット調査、2019/07/02~05)、実際に使ってみると、その中身もNo.1で、間違いなく最強の英語学習方法です!
勉強を開始してから5ヶ月が経過しましたが、(あの自分が) 現在もしっかり継続することができていますし、スコアも405から580と、約200点スコアアップしています。

この記事では、

  • スタディサプリの実態
    ・なぜスタサプを 「最強」 と言えるのか
    ・神授業
    ・なぜ継続できるのか
    ・素晴らしい学習コンテンツ
    ・デメリット
    ・他の学習法との価格比較
  • 初級者の効果的な勉強方法

といったことを、実際に使いながら感じたことを軸に、徹底的に解説していきます。

スタディサプリTOEICを始めるか迷っている方や、どうやって勉強を始めればいいか分からない方はぜひ参考にしてみてください!

スタサプは現代英語学習の決定版!

先程、最強の英語学習アプリだと断言しましたが、そのポイントは大きく3つあります。

  1. 神授業 (関先生の神がかった授業!!)
  2. 忙しくても継続できる (継続率92%!!)
  3. スコアアップのための工夫が凝らされた学習コンテンツがすごい

① 超分かりやすい 「神授業」

まずは、上のリスニング解説動画 (約3分) を見てみてください。
これが 「神授業」 です

スタサプの動画解説は、すべてこの 関 正生先生 が行っています (一部基礎講座を除く)
その数、約300本!
神と言われるゆえんは、解説の 「分かりやすさ」 と 「情報価値の高さ」 にあります。

先生は、永田塾・東進ハイスクール・北九州予備校・秀英予備校と名だたる予備校で英語講師を務めた経験を持っており、英語の知識はもちろん、みなが苦手なところや悩みを熟知しています (著書も多数!!)
また、「英語を丸暗記させない」 という信念を持っており、単語や文法の成り立ちなどを分かりやすく解説してくれるので、頭に残りやすいです。
この圧倒的な知識量と信念が 「分かりやすさ」 に繋がっていると考えられます。

加えて、TOEICテストで毎回満点を取るほど、TOEICの出題傾向や解き方を熟知しており、スコアアップのための価値の高い情報を動画解説で惜しみなく教えてくれます。
授業内容の濃さも 「神授業」 と言われる要因です。

ネタにもされるほど!


出典:YouTube ()陣内智則【コント 神授業】)

「神授業」 は、陣内くんのネタにもなっています

② 忙しくても継続できる (継続率92%!!)


出典:YouTube (【スタディサプリENGLISH】2020年CM「続けられるTOEIC®テスト対策篇」)

スタサプが他の英語学習サービスと明らかに違う点が、「継続のしやすさ」 です。
その証拠に、92%の利用者が英語学習を継続できているという驚異的な調査結果も出ています (有料会員になった利用者が、翌月以降も継続して課金した割合の平均。2019/01~12)

なぜここまで継続できるのかというと、関先生の授業の分かりやすさや、この後説明する学習コンテンツの品質というのも挙げられますが、一番の要因は 「スマホひとつ短時間からできるため忙しくても学習できる」 ことでしょう。

今までの英語学習法は、参考書とノートを取り出して机に向かって 「頑張る」 というものでしたが、スタサプはすべての学習をスマホひとつ (パソコンやタブレットでも利用可能)時間や場所を選ばずに行うことができます。

風呂中、トイレ中、通勤中、料理中といったスキマ時間や、ベッドやソファーの上といったリラックススペースで英語学習ができてしまうわけです。
スマホなので、勉強時にペンで書く必要もCDを用意する必要もないのも最高なところですね!

また、1回当たり数分から学習できるのも強みのひとつです。関先生の動画解説はすべて5分前後ですし、単語学習は1回1分未満から行うことができます。
気軽にその日の英語学習を始めることができる」 ことも高い継続率に繋がっています。

とにかく見える!

高い継続率の理由は、他にも学習の成果や時間、回数が一目瞭然で分かるシステムにもあります。
使えば使うほど、継続を支える工夫に気づかされると思います。

ホーム画面
目標の学習時間と比べて、今週はどれほど学習しているか。日にちごとの学習時間。学習継続日数。累計学習時間。

学習後の画面
正答率・学習時間。お褒めの言葉や励ましの言葉。

:講座の選択進捗の画面
学習回数。学習習熟度(メダルの色)

③ 使いやすい学習コンテンツ

そしてスタサプの高い品質と継続率を支えているのが、アプリの中身である 「学習コンテンツ」 ですが、継続と成果のための工夫や仕組みが満載で本当にすごいです。
ちなみにアプリでは以下の7種類の学習コンテンツが、月額使い放題 (料金体制は後ほど解説) です。

  • パーフェクト講義 -英文法編
  • TEPPAN英単語
    ・目標スコアごと (600、730、860、990点)
  • 基礎講座
    ・基礎英文法
    ・基礎英単語
  • パーフェクト講義
    ・Part 1 ~ 7
  • 実践問題集
    ・Vol. 1 ~ Vol. 10
  • 実践問題集NEXT
    ・Vol. 1 ~ Vol. 10
  • 1分クイズ
    ・月9問

それぞれ、

  • どんなコンテンツなのか
  • 何ができるのか
  • 何が他の学習サービスと違うのか

といったことについて、画像つきでサクッと解説していきます。

ホーム画面からコンテンツを選択

ホーム画面から自分がやりたいコンテンツを選択します。
(初級者が何から始めたらいいかについても、後ほど解説いたします!)

パーフェクト講義 – 英文法編 (全53レッスン)

パーフェクト講義 – 英文法編は、TOEIC初~中級者用のコンテンツで、中高で習った英文法を復習し、TOEICの英文法を攻略するための講座です。
文法のテーマごとに、以下の3ステップで文法をマスターしていきます。

後で復習する

「後で復習する」 にチェックが入った問題は、右下の 「復習トレーニング」 に蓄積され、まとめて復習することができます。

TEPPAN英単語 (全18レッスン)

TEPPAN英単語は、文字通りTOEIC頻出の 「鉄板の英単語」 をマスターするためのコンテンツです。
目標スコアに達するまでに 「どれだけの単語を覚えればいいか」 というのが一目瞭然なので、効率的な単語学習ができます。 ちなみに目標スコアが600点なら750語730点なら1,090語860点なら1,320語990点なら1,500語です。

基礎講座 (全30+14レッスン)

基礎講座は、「パーフェクト講義 – 英文法編」 や 「TEPPAN英単語」 を難しいと感じる初級者のために、2019年から提供が始まった新しいコンテンツです。

基礎英文法」 と 「基礎英単語」 があり、中1英語、すなわち基礎の基礎から英語を学びたい方には打って付けの内容となっています。

講師が関先生ではなく山田 治先生 ですが、山田先生もTOEIC満点・著書出版経験有の正真正銘 「一流」 の講師です。

コンテンツの構成に関しては、「パーフェクト講義 – 英文法編」 や 「TEPPAN英単語」 とほぼ同じです。

パーフェクト講義 (全150レッスン)

パーフェクト講義はスタサプの核となるコンテンツで、Part 1 ~ 7 (Part 1 ~ 4 はリスニング、Part 5 ~ 7 はリーディングのパート) を以下のように本番と同じ形式の問題を解いた後、関先生の解説動画を見ることで、解き方コツ出題傾向をマスターしていきます。

(Part 5 は、文法問題が出題されますが、出題形式や学習の流れは 「パーフェクト講義 – 英文法編」 と同じです)

また問題を解くだけでないのが、スタサプのすごいところ!
リスニング・リーディングともに、他の学習サービスとは一線を画すトレーニング法を提供しています。ここでは、より学習のイメージを掴んでもらうために、動画つきで解説していきます。

・ディクテーション/シャドーイング

リスニングパートのトレーニング法は、主にこの2つです。

ディクテーションとは 「書き取り」 という意味で、英文を聞いてそのまま英文を書き取るトレーニング法です。関先生リスニングに最も効果があるとおっしゃっているのが、ディクテーションです。

本来は紙やノートに書き写して行いますが、スタサプではパソコンのキーボード入力の要領で、スマホでサクサク行うことができます。(アルファベットの候補がランダムで表示されます)

 

そしてこれが意外と楽しい
一番効果があるトレーニング法ですが、私が一番好きなのもこのディクテーションです。

もうひとつのトレーニング法は、シャドーイングです。シャドーは 「影」 を意味し、「お手本の英文を影のように後を付けて読んでいく」 というもので、リスニング力が上がるトレーニング法として有名です。

ただ他の教材のシャドーイングをやったことある方なら分かるかと思いますが、シャドーイングって続かないんですよね
私自身も、シャドーイングが辛くてリスニング学習を何度も何度も挫折してきました。でもスタサプなら継続できています!

なぜ続いているか考えたときに一番に思いついたのが、英文が1文1文に分けられ、それぞれ音声が吹き込まれている点でした。

 

このシステムが本当にいい!
特別に楽しいというわけではないですが 、スタサプのシャドーイングはびっくりするぐらいノーストレスで学習しやすいです!

今まで挫折してきた人は感動するレベルだと思います。私は感動しました
またびっくりしたのが、ネイティブのお手本を真似して発声するので、発音がめちゃくちゃ上達したことです!
シャドーイングは、リスニングのトレーニング法でありながら、スピーキングも強化ができるという万能トレーニング法のようです。

・スピード音読

一方、リーディングパート (文法問題の Part 5 は除く) のトレーニング法は、主にこのスピード音読です。制限時間以内に英文の意味を理解しながら音読をしていきます。
シャドーイングと似ていますが、お手本の音声に沿って発声するわけではないところが大きな違いです。

 

学習のイメージは掴めましたか?
このようにスタサプは、効果があると広く認められているトレーニング法を、圧倒的に簡単・便利に行うことができます。

英語学習で辛い思いをして挫折された方には特に、おすすめしたいアプリです!

実践問題集 (全54×10レッスン)

実践問題集は、本番と同じ問題数 (200問) ・出題形式・難易度の10回分の模試を、52レッスンに分けて解いていく実践的なコンテンツです。

といっても、ディクテーションやシャドーイングといったパーフェクト講義で登場したトレーニング法も用意されており、実践でも 「やりっぱなし」 にならないようになっています。

実践問題集NEXT (全54×10レッスン)

実践問題集NEXTは、先程紹介した実践問題集をすべてマスターした人向けに追加されたもので、ここでも10回分の模試を解くことができます。

1分クイズ (月ごとに9レッスン追加)

1分クイズは、その名の通り1分ほどで気軽に学べるクイズで、気分転換暇つぶしに最適なコンテンツです。
「オフィスや日常でよく使いそうだけど、なかなか出てこない…」 というような英語表現の問題が出題されます。

例えば、2020年8月号では
『微熱があるんです』って英語で何て言う?
という問題が出題されています。

(この問題の正解は 「D」 です)
1分クイズとは言え、解説も丁寧にしてくれますし、その中で問題に関連した他の便利な表現も教えてくれます。

 

ここまでスタディサプリについて、画像や動画を交えてできるだけ使っているイメージが湧くように解説してきましたが、やはり自分で実際に使ってみるのが一番早いというのは間違いないです。

現在、「スタディサプリ ENGLISH TOEIC対策講座」 では、7日間無料おためしキャンペーンを実施中ですので、迷っている方はぜひこの機会にお試しください!
私はおためし初日で有料プランを決意しましたが 、みなさんは7日間じっくり試してみてください。


出典:スタディサプリ ENGLISH TOEIC対策コース HP

無料おためしは、2020年9月23日 (水) 16:59 まで!!

デメリット

ここまで散々良いことばかり書いてきましたが、スタサプにも当然デメリットがあります。本当におすすめできるサービスだからこそ、みなさんにはデメリットまで知って使ってほしいです。

使ってみて感じたスタサプのデメリットは、以下の3つです。

  • 絵や文字が小さい
  • スマホなので誘惑もある
  • 単語・フレーズによっては和訳が載っていない

1つ目の 「絵や文字が小さい」 や 2つ目の 「誘惑」 はスマホ学習特有のデメリットとして挙げられます。
(私がコンパクトサイズのXperiaを使っているというのもありますが 、) スマホなので文字や絵 (Part 1) の大きさには限界があり、たま~に見にくいと感じることがあります。

また、スマホはSNSやゲームなど何でもできてしまうので、勉強中にやりたくなることもあるかもしれません (逆にSNSやゲームをやっている時に、そういえばスタサプやらなきゃとなることもあるので、一長一短と言えそうです)

3つ目の 「単語・フレーズによっては和訳が載っていない」 に関してはデメリットと呼べるか微妙なとこですが、一応列挙しました。
スタディサプリは問題で出てきた重要単語フレーズの和訳をまとめて掲載してくれています。

自分で調べなくていいのですごい便利なのですが、すべてを網羅しているわけではないので、時には自分で調べる必要が出てきます。
ただスマホなら一瞬で和訳を検索できてしまいますし、そもそも他の学習サービスよりも単語・フレーズを丁寧にまとめてくれているので、そこまで気にする必要はないかもしれません。

とこのように、実際使ってみて致命的なデメリットというものはまったく見当たりませんでした。逆に改めてすごい学習サービスだなと実感させられました

ここまでで 「そんなにすごいなら、価格はどうなのか」 と気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで次は、いよいよスタサプの価格体制と他の学習サービスとの比較を行っていきます。

価格の比較

1ごと 6ヶ月パック 12ヶ月パック
税込価格 3,278 18,348 32,736
月あたり 3,278 3,058 2,728
 
キャッシュバック
の月あたりの価格
3,278
2,618
(18,348-2,640) / 6
2,178
(32,736-6,600) / 12
キャッシュバック
合計額
2,640円 6,600円

 

スタディサプリの価格体制はとてもシンプルで、

  • 1月ごとのプラン
  • 6ヶ月パック
  • 12ヶ月パック

の3つのみです。
「6・12ヶ月プラン」 は、「1月あたりプラン」 よりも月額が安くなっており、加えて現在キャッシュバックキャンペーン (条件:メールで送られてくる簡単なアンケートに回答) を行っているためさらに安くなっています。

また、「6・12ヶ月プラン」 は月ごとではなく、初月に一括で支払いますが、途中で解約する場合は、残りの月分の料金が返金される仕組みになっていますので、おすすめは 6ヶ月か12ヶ月プランです。(ちなみに私は6ヶ月プランを申し込みました)

キャッシュバックされた後の価格も含めて見てきましたが、どのように感じられましたが?
私個人的には、質の高さを踏まえると、高くもなく安くもなく妥当な価格かなという印象です。
ではここで、他のサービス (アプリ・参考書) との比較をしてみましょう。

スタサプ 無料スマホアプリ
(例:トレーニングTOEIC®test)
参考書
(例:はじめて受けるTOEIC(R) L&Rテスト 全パート完全攻略)
価格 月額2,178~3,278 無料 税込1,980
コンテンツ すべてが揃っている 解説や解き方、出題傾向などは一切なし (広告も多い) 出題傾向や解き方は豊富に掲載。ただ問題数はかなり少なく、追加で参考書を買う必要がある。
継続のしやすさ

 

スマホアプリは、単語やリスニングに特化したものであれば、たくさんありましたが、Part 1 ~ 7 すべてを網羅したものは、1つ2つしか見つけることができませんでした。
実際インストールしてやってみたところ、問題はそこそこ用意されていて、最初は結構いいじゃんと思うも……英文の解説などは一切なく、加えて無料アプリということで広告が多く、気が散って集中できませんでした。
本気でスコアアップを目指すなら、スタサプ以外のアプリは絶対におすすめしません。自分への投資と思ってお金はしっかりかけましょう。

また紙の参考書は、相場は2,000円前後で、「Partごとの問題の出題傾向解き方をマスターして確認問題を解く」 という流れのものがほとんどです。
これはこれでいいのですが、問題数はスタサプと比べるとかなり少なく、特に問題をどんどん解いてTOEICに慣れる必要のある初級者には、あまりおすすめできません。

無料アプリも参考書も、スタサプと比べると圧倒的に安いですが、コンテンツの質を踏まえると個人的にはスタサプ一択です。
なぜなら、これまで無料アプリや参考書で、英語学習を挫折してきたからです

何を選ぶかは好みや勉強の目的にもよりますが、本気でTOEICのスコアアップを目指したいなら、スタサプを選んでまず間違いないです。
「本当に価格分の価値があるのか不安…」 という方はぜひ無料体験で試してみてください!

無料おためしは、2020年9月23日 (水) 16:59 まで!!

初級者・中/上級者の効果的な勉強方法


出典:スタディサプリ ENGLISH TOEIC対策コース HP

さて、ここまでスタサプについて徹底的に解説してきましたが、ここからは実際に使おうかなと考えている方 (初級者・中上級者) に向けて、具体的な学習の流れを解説していきます。

初級者 (600点未満) の学習の流れ

初級者は、基礎固めをしっかり行って、実践問題に入っていくという流れが一番効果的です。

STEP.1
TEPPAN英単語

まずは英単語を固めていきますが、英単語は本番の受験日まで毎日欠かさず学習しましょう。
英単語は覚えるだけでスコアが上がる、かなりラッキーな勉強です。
TOEICとは関係ないですが、私は英単語を覚えただけで、センター試験の英語の長文問題0点から満点になった経験があります。それだけ重要かつすぐに効果が出る学習ですので、できるだけ怠らないようにしましょう。

STEP.2
パーフェクト講義 - 英文法編

といっても英単語学習だけではつまらないし、効果にも限界があります。
そこで英単語と並行して、英文法も固めていきます。
先生解説動画をモチベーションにしながら、2週間を目安に学習を進めていきましょう。

(「テキスト販売へ」 とは→スタサプはテキストも販売していますが、内容はスマホアプリと同じですので購入する必要性はそこまでありません)

STEP.3
パーフェクト講義

基礎を固め終わったら、いよいよ本格的なTOEIC対策に入っていきます。
Part 1 から順番に始める必要はまったくありませんが、リスニングパート (Part 1 ~ 4) とリーディングパート (Part 5 ~ 7)交互にやることをおすすめします。

ここまでで、100~150時間ほどかかると思います (1日2時間で2ヶ月程度)

STEP.4
STEP.2.3をもう一度


最初の画像では、次は実践問題集に進むようになっていますが、先程のSTEP.2.3のコンテンツにもう一度取り組みましょう。
これは本番のテストまでの期間にもよりますが、個人的には 「パーフェクト講義 – 英文法編」 ・  「パーフェクト講義」 を繰り返して解いて、基礎を盤石に固めておくことが、後のスコアアップに繋がると考えているからです。
実際1回解いただけでは、インプットした内容は結構忘れちゃっているので、最低でも+1回 (関先生の動画解説だけでも) リピートしてほしいところです。

STEP.5
実践問題集

基礎をマスターしたら、実践問題をバンバン解いていきましょう。
STEP.4まで終えたら、あなたの英語力はかなり上がっているはずですが、実践問題集までマスターすれば、800点900点もまったく夢ではありません!

中・上級者 (600点以上) の学習の流れ

中・上級者といっても、学習の流れはだいたい同じですが、最初の 「パーフェクト講義 – 英文法編」 が無くなっています。

英文法が不安という方はもちろん取り組むべきだと思いますが、600点以上のスコアを取っている方は、基礎文法よりも実践的な問題を解いていった方が、よりスコアが伸びるということでしょう。
なお中・上級者になっても、単語は毎日欠かさず行うことが大切です。

無料おためしは、2020年9月23日 (水) 16:59 まで!!

まとめ

今回は、「スタディサプリ ENGLISH TOEIC対策」 を405点の初心者が試してみるというものでしたが、スタサプにハマり、スタサプのよさを伝えたい一心でここまで解説してきました。
少しでもよさが伝わっていたら、また学習のイメージを掴んでいただけたら嬉しいです。

最後に継続のコツを1つ。
それは、
「あなたは何のためにTOEICを学習しますか?」
と聞かれた時にすぐ答えられるようにしておくことです。

留学?、就活?、仕事?、海外旅行?
何でもいいですが、とにかく 「何を目指してTOEICを勉強しているのか?」 ということを常に意識しながら、TOEICをマスターすることが目的ではなく、目標達成の手段とすることが、モチベーションの維持に繋がります。
あなたの成功を願って……

TOEIC changes your life!