【22卒・コロナ禍】本当におすすめできる就活サイトを厳選!報酬優先のメディアに騙されるな!

  • 就活サイトどんだけあんねん…
  • 結局どれがいいのか分からない

といった悩みを持った就活生は多いのではないでしょうか。
実際、マイナーなサイトまで含めると50以上はあります。

しかし 「本当に使える」 便利なサイト・アプリは、ほんの数サイトに限られており、

  • すべての就活生に共通して便利
  • ある特定の業界や業態に特化していて便利

というの2つのタイプがあります。

サイト・アプリはどれも同じではなく、正しく選んでうまく使いこなせば、それだけで周りと大きく差をつけることができます。

今回は、現役就活生 (22卒) の私が実際使ってみて 「本当に使える!!」 と感じたおすすめのサイトと活用方法を2つのサイトタイプごとに紹介します!

巷の就活メディアでは、紹介すると報酬が出るものばかりがイチオシで紹介されていますが、この記事はそういうの一切なしの本気で選んでいますので、ご安心ください。

すべての就活生 必須サイト

結論から言うと、すべての就活生が使いこなすべきは

  1. ワンキャリア企業研究から選考対策まで
  2. Goodfind厳選企業の特別選考選考対策セミナー

の2つです。(どちらも利用無料→企業からのお金で運営しているため)
ワンキャリアは比較的有名ですが、Goodfindは知らないという方も多いのではないでしょうか。

はっきり言って、大概の就活生がこの2つだけで十分だと思います
私が普段頻繁に利用しているのもこの2つです。

① ワンキャリア


出典:ワンキャリア HP

  • 企業掲載数No.1
  • 学生の利用率No.1
  • 学生が選ぶ使いやすさNo.1
  • 企業選び・選考対策に役立つ口コミ掲載数約30万件

ワンキャリアは、日系から外資、大手企業から少数精鋭のベンチャーまで、本当に幅広い企業が掲載されている就活サイト・スマホアプリです。
その企業掲載数はマイナビ・リクナビを抑えて圧倒的No.1です。

サイト名 掲載企業数 (2020年7月31日現在)
ワンキャリア 44,632社
マイナビ 6,553社
リクナビ 5,836社

例年、ここまでの差はつきませんが、今年は新型コロナウイルスの影響で特に差が開いています。
(ワンキャリアに掲載されている企業は、成長性と安定性を持ち合わせた優良企業が多いので、コロナ禍でも採用活動を継続しているところが多く、その結果差が大きく開いたと考えられます)

企業数だけでも魅力的に映るワンキャリアですが、その最大の特長は 「圧倒的使いやすさ」 にあります。
就活の流れに沿ってそれぞれ説明すると、

STEP.1
就活の基本を学ぶ

ワンキャリアには、選考の募集・インターン等の〆切情報、就活のノウハウなどが書かれた 「就活記事」 が掲載されており、就活の 「スケジュール」 や 「やり方」 を気軽に学ぶことができます。

STEP.2
企業を見つける


出典:ワンキャリア HP

「企業を探す」 のタブから、企業 (15業種・78職種) を簡単に検索することができます。
企業のページには、会社の概要や特徴、魅力が分かりやすくまとめられているので、興味のある企業を探しやすいです。

企業のホームページを見るのは面倒だという方も、ワンキャリアの企業紹介はかなり読みやすいと思います。

STEP.3
企業に応募して対策する


出典:ワンキャリア HP

気に入った企業があれば、説明会やインターン、選考に申し込みましょう。

また企業ページには、企業紹介だけでなく

  • 合格の秘訣 (選考で見られているポイント等)
  • 過去の選考ステップ
  • 先輩のエントリーシート・選考の体験談口コミ

といった選考に役立つ情報が掲載されています。
この先輩からの情報がワンキャリア最大の特長で、選考の貴重な情報が得られます。

コロナ禍では、先輩や同級生から情報を得にくいと思いますが、ワンキャリアなら簡単に選考の情報とコツを知ることができます!

ここまで選考に関する詳しい情報が知れるのは、間違いなくワンキャリアしかありません
どこ志望とか一切関係なく、就活するのであればワンキャリアは登録しておきましょう!

 

MEMO

某日系大企業の面接対策ページでは、「ガクチカに取り組んだ背景や目的が深掘りされるので整理しておきましょう」 と書いてあり、その回答を準備していったところ、本番の面接では本当に背景・目的が深掘りされました
もちろん毎年同じ質問がされるとは限りませんが、選考で重視されているところを対策できるだけでもかなり強いと思います。

② Goodfind


出典:Goodfind HP

  • 厳選企業のみを掲載 (ベンチャー・コンサル・大企業)
  • 難関企業の特別選考ルート
  • 選考対策セミナー (GD・面接・ケース等)
  • 特にオンラインGD対策

Goodfindは、スローガン株式会社が運営する知る人ぞ知るおすすめ就活サイトです。(スマホアプリは現在提供されていません)

多くの企業の口コミが掲載されているワンキャリアとはまったく違い、Goodfindが厳選した優良企業 のインターンや特別選考ルートを募集しています。
優良企業って何やねんって感じですが、簡単に言うと企業も成長しているし、入社すれば自分も成長できるといったイメージです。

また募集だけでなく、Goodfind特別セミナーも開催しており、難関企業の選考を通過するための、ロジカルシンキング講座やコンサルのケース面接・フェルミ推定の対策講座、グループディスカッションや面接の対策講座があります。
経験」 と 「知識」 が最も大切な就活において、選考を受ける前に成長できるセミナーはかなり貴重で、ここまで豊富なセミナーが開催され場数を踏むことができるのはGoodfindだけです。

2019年までは、対面で東京・京都開催といったように、地方の学生が参加するのはかなり難しかったですが、新型コロナウイルスの影響ですべてのセミナーがオンラインに切り替わったことで、私も含め地方学生が気軽にバンバン参加できるようになりました。(コロナが収まった後もオンラインでのセミナーは継続されると思います)

ベンチャー志望でない方や掲載企業に興味がないという方も、場数を踏むのに最高のサイトなので絶対登録しておきましょう。
ここで練習してたくさん失敗してたくさん学ぶことができれば、ライバルとかなり差を付けることができます。

特にオンラインGD (グループディスカッション) は、絶対に対策しておきましょう!
オンラインGDは、普通のGDと違いますし、GDは経験積めば積むほど上手くなり楽しくなります!

 

MEMO

私はGoodfind主催のセミナーにて、2ヶ月間で6回のオンラインGD練習を行うことができました。

正直、練習でGDをするのは嫌だという方もいると思いますが、それで困るのは選考時の自分です。
本番で辛い思いをしないよう、練習しておきましょう。
またGDはインターンの練習にもなります。

業界・業態に特化して便利

ここまで2つのサービスを紹介してきましたが、ここでは+α の就活サイト・アプリを紹介します。
それぞれ業界や業態に特化しているので、そこに絞って就活をやる方はぜひ使ってみてください。

外資就活


出典:外資就活 HP

  • 外資系企業の情報が満載
  • 選考体験記
  • 就活コミュニティ・相談室

外資就活は、その名の通り 「外資系」 の情報に強みを持つ就活サイト・アプリです。他のサイトには掲載されていない外資系企業もここには掲載されていたり、選考を募集していたりするので、外資系にこだわるという方には特におすすめです。

ちなみに外資系だけでなく日系大手や日系コンサルティング企業も多く掲載されています。

また 「選考体験記」 というのもあり、その企業の内定者や最終選考落ちの優秀な先輩がどんな選考を通ってきたのかが時系列でよく分かります。
ワンキャリアの口コミや体験談と似ていて内容はだいたいは同じですが、ワンキャリアの方が情報量は多い傾向があります。

さらに外資就活特有のサービスとして、就活コミュニティという就活掲示板があって、そこで同じ大学の人とやりとりしたり、外資就活相談室で就活の悩みを先輩社会人に相談することもできます。

 

MEMO

解説で察したかもしれませんが、ワンキャリアと外資就活は酷似していて、どちらが使いやすいかは人によると思います。
両方とも使ってみて、使いやすい方を選ぶといいと思います。
(外資にこだわらない方は、ワンキャリアの方が使いやすいと思います!)

FactLogic


出典:FactLogic HP

  • コンサルに特化した企業情報・選考対策
  • 読むだけで選考対策になる就活記事
  • 選抜コミュニティ

FactLogicはGoodfindの姉妹サイトです。
31社のコンサルティング企業の情報や、選考を受ける人のための就活記事が多く掲載され、コンサル志望者向けの限定イベントも行っています。

またFactLogicで一番特徴的なのが 「選抜コミュニティ」 です。これはMBBなど超難関の戦略コンサル志望者向けの集まりで (入るには面接やGDを通貨する必要があります) 、対策必須のケース面接・フェルミ推定・GD対策などを少人数制で行います。

今までは関東や関西の学生しか参加できませんでしたが、現在は新型コロナウイルスの影響でオンラインにて行っており、これからは地方の学生もオンラインを通して選抜コミュニティに入られるようになるかもしれません。

WANTEDLY


出典:WANTEDLY HP

  • メガベンチャーから創業間もないスタートアップ、NPOまで
  • 企業の社員の方と直接チャットでやりとりできる

中途採用・新卒採用どちらの企業も掲載されていますが、企業検索の際に 「新卒」 を選択すれば簡単に調べることができます。

Goodfindは厳選を大切にしているため掲載数がかなり少ないですが、WANTEDLYは2020年4月時点で3万5000社が掲載されている 「巨大ベンチャー就活サイト・アプリ」 です。
規模は大きくないけど事業が面白いベンチャーに行きたい、創業したばかりの会社で創業メンバーとして働きたいといった方にはかなりおすすめです。

また、WANTEDLYは 「ビジネスSNS」 と称されており、プロフィール欄を充実させることで企業から直接オファーがきたり、採用担当の社員とチャットを通して会話をすることができることが最大の特長です。

まとめ

今回は、22卒の全就活生におすすめのサイト2つと、業界や業態に特化したサイトの中でも特におすすめのもの3つを紹介しました。もちろん人によって好みがあると思いますので、他にもよさそうだなと感じた就活サイトはどんどん試しに使ってみてください。

あなたにとって最高のサイトやアプリが見つかれば、あなたの就活は勝ったも同然です!